記事一覧

ARK Survival Evolved 初心者の方向けのティラノサウルスへの道!(パラサウロロフス編)

前回基礎的な道具・装身具や拠点を建てました。

今回はこれまた初歩的な恐竜「パラサウロロフス」の捕獲にチャレンジ!

pa6.jpg



パラサウロロフスは戦闘力はイマイチですが、重い資材を運ぶのを手伝ってもらったり、

ベリー系(特にナルコベリ―)を集める時に人力と比べ数倍速く集められます。

けっこう長い距離も走れますし。

パラサウロロフスよりもフィオミアの方が背中の乗せてもらうためのサドルを作れるレベルが低くて、

必要な資材の量も少ないですが、

フィオミアは割と他の危険な生物がウヨウヨいる地域に生息していたりします。(沼地付近など。)

そしてベリー採取もできません・・・。

なのでパラサウロロフスの方が捕まえやすいと思います。

(フィオミアは場所によっては浜辺にもいる事はいます。)

20180121142056_1.jpg



さて、パラサウロロフスを効率よく捕獲するために準備するものです。

まずはボーラ。

これで拘束します。

拘束時間は30秒。

pa1.jpg



そして逃げられないように木のフェンス土台とわらの壁などで4方を囲う。

pa2.jpg

pa3.jpg



これで逃げられないのでこん棒や素手で昏睡させる。

あとはベリー類(野菜やキブルを除けばメジョベリーが一番効果的)をインベントリに入れて待てばいいだけです。

pa4.jpg



オスとメスを捕獲できたら早速ブリーディングで数を増やしてみます。

わらの壁などで4方を囲って放浪モードに。

2体が近くにいないと卵を産んでくれません。

20180120135126_1.jpg



受精卵が産まれました。

暑い地域・時間などの時は涼しくなる夜まで待つか、

気温の低い所(高地など)での孵化作業をしないと卵が死んでしまいます。

寒い地域・時間であれば熱源で調整できるので簡単。

20180120135331_1.jpg

20180120135636_1.jpg



生まれました!

エサを与えないと死んでしまうので急いでベリーなどを与える。

後はエサだけ注意を払いながら放っておけば大人に成長してくれます。

成長過程で刷り込み行動を求められますが、

キブル(ペットフード)などは用意するのに気の遠くなるほどの時間がかかるので、

初期段階のここでは省きます。

20180120150847_1.jpg



無事大人に成長しました。

この恐竜は持ち運び重量がそこそこあるので、

最初の頃は重い資材を運んでもらったりベリー集めなどで重宝します。

pa5.jpg

様々なものを人力で集めると苦労しますが生物に手伝ってもらえば何倍も早く集められます。

続く・・・。

プロフィール

複雑性PTSDを患っているゲーム好きです。

C-PTSD男

Author:C-PTSD男
ゲーム好きな男のブログ。

MMORPG Tree of Savior (ツリー・オブ・セイヴァー

広告

人気映画・ドラマ・アニメなら 「U-NEXT」

Steamコントローラ・リンク