恐竜世界サバイバルゲーム「ARK Survival Evolved」(カルボネミスの赤ちゃん編)

そろそろ家の近くにある洞窟を探検してみたくなった私。

しかしコウモリに何度も殺された苦い経験がある。

恐竜を連れて行きたいのだが小型の恐竜しか入り口を通れない。

私は考えた。

小型で強いと言ったらユタラプトル。

そこで私は4体のユタラプトルを捕獲した。

20170621120812_1.jpg



自身を合わせて5体でコウモリと戦えば勝てるだろう。

そんな慢心には容赦なく不幸が訪れる。

20170621130156_1.jpg



ユタラプトルを捕獲するのには苦労した。

近場でティラノサウルスが暴れていたので倒さなければならなかったからだ。

しかし私はショットガンを駆使し勝った!

そうしてようやく捕獲したユタラプトルが次々とコウモリに殺されていくではないか。

洞窟探検はとりあえず諦めた。




プテラノドンは積載量もスタミナも少ないので資材集めの効率が悪い。

そこで私はアルゲンタヴィスを捕獲しに北へ向かった。


20170621230125_1.jpg



アルゲンタヴィスを2体捕獲して家に帰るとカルボネミスが受精卵を生んでいた。

20170622114146_1.jpg

私はアルゲンタヴィスを捕獲した興奮なんか瞬時に忘れ慌てて卵を温める。

前回のパラサウロロフスの子を死なせてしまった苦い経験を糧に次こそはちゃんと育てたい。

そして生まれた。


20170622130645_1.jpg

すぐに餌を与え続けゆっくりと成長していく。

外の世界や親を見せてあげた。


20170622131129_1.jpg

20170622131205_1.jpg



しかし私は致命的な事をしでかしてしまう。

外を歩かせていると寒波到来!

カルボネミスの子は即死んでしまった。


20170622133008_1.jpg



はぁぁぁ・・・。

カルボネミスが再度交配可能になるまで21時間。(現実時間で)

私は再び資材集めで火山へ行き金属鉱石・黒曜石・水晶を集める日々を送っている。


20170622135713_1.jpg

20170622135723_1.jpg



続く・・・。

C-PTSD男

ゲーム好きな男のブログ。

広告